« 近代化産業遺産・旧別子銅山東平(とうなる)を歩く | トップページ | 中山寺梅林から奥の院を巡る »

2012年3月 9日 (金)

石澄の滝から六個山へ

東畑登山口から海の見える丘までの登山道を整備する途中、石澄の滝を見てきました。
(登山ルートは下の「・・・」をクリックしてください)
Map 「isizuminotaki.gif」

1tozanguchi 東畑BSで阪急バスを降り、山手に向かって住宅の中を進むと、突き当たりにゲートが現れます。
写真はゲートを抜けてすぐの所ですが、間もなく石澄川に出合いそこから山道になります。

2seibi テングス病で枯れた竹が道を塞いでいます。
ノコギリとナタで竹を除去して、普通に通れるようになりました。

3isizumikawa 石澄川です。いい雰囲気の場所で、昭和30年代、まだ上流にゴルフ場がなかった時代には、清流で飯ごう炊飯や水遊びで賑わったとのことです。
左上に見える廃屋が4軒ほど点在しており、景観を著しく損なっています。
個人の所有地で池田市も手が出せないらしいのですが、いつまでも放置するのは困ったことです。
今は水質も少し良くなり、下流では蛍が見られるようです。

4hokora 地蔵さん(二重になっています)と祠がありました。
この流域は修業の場であったようです。
4軒ほどの廃屋もその関連でしょうか。
途中に小さな洞穴がありましたが、滝の少し手前の西の支流に秦野鉱山跡があり、坑口かもしれません。

5taki 石澄の滝です。二段の滝で落差25mあります。
(ちなみに箕面大滝は33mです )







←←このあたりが滝壺です

6rokkoyama六個山頂上です。二等三角点(松尾山)があります。

7tenbou 六個山直下の「あおぞら展望台」から千里中央方向です。

8annaizu 望海の丘にある案内図です。
この展望台も上の写真のような素晴らしい展望でした。
箕面の山の中でも教学の森は、無数のコースや名もない道があり、まるで迷路のようで現在地を喪失することも度々です。

9bunki 桜谷コースの合流点です。
このような道標は要所に設置されており安心して歩けます。

« 近代化産業遺産・旧別子銅山東平(とうなる)を歩く | トップページ | 中山寺梅林から奥の院を巡る »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石澄の滝から六個山へ:

« 近代化産業遺産・旧別子銅山東平(とうなる)を歩く | トップページ | 中山寺梅林から奥の院を巡る »